脱毛体験

私の脱毛体験について

私は以前は脱毛をしようとは思いませんでした。なぜなら、私は勝手な思い込みで脱毛をしても根本的な解決にはならないのではないかと思っていたからです。
でも、だからと言って私が毛深い事実に変わりは無いです。ですので、私はいつもすね毛とかが見えないような服装をしていました。でも学生時代にはそうは言っても週に何回かは体育の時間がありました。その時は不本意ながらも脚を露出した服装にならざるを得ませんでした。
それが私はいつも苦痛でした。やはりこの頃の時期の子供達はそういう自分達とは違った異分子的な存在を馬鹿にすることに優越感を感じたがる傾向があります。 そして、私はその犠牲にいつもなっていました。それが本当に嫌で仕方なかったです。
そして、私はそんな状況からなんとか逃れようと思いました。そう思うようになって私はようやく脱毛をしようと思いました。そして、最初は市販の脱毛クリーム等を使ってなんとかしようとしましたが、私の場合はクリームぐらいではどうしもないほどの毛の太さでダメでした。

そこで、お金は掛かりますが病院で脱毛処置を受ける事を決意しました。
でもその頃はまだ男性が脱毛をするというのはまだ世間でも一般的ではありませんでした。
ですが、ここで諦めては私の悩みも解消されないと思ったので、勇気を振り絞って処置を受けてきました。そして、私の毛深かった脚もすっかり綺麗になりました。

私は綺麗になった脚を見て脱毛をして良かったと思いました。